Docomoの新プランすごい!2980円で5分通話なら込み、20GBで縛りなし、新規事務/MNP/解約/手数料も取らない。

こんなの出してくるとは。auもソフトバンクもどうするのだろうと心配してしまう。しかしながら、オンラインでしか申し込めないと。これは明らかに情弱と呼ばれる方々を排除するものだ。たしかにコストのほとんどすべては情弱と呼ばれる人々へのコストだ。その方々が高い料金を払っていたのだから問題なかったともいえるだろう。が、キャリアの方々はいままでやりすぎたともいえる。情弱と呼ばれる方々ら搾取しすぎた。それを認めなかったゆえに今を招いたともいえる。個人的にはこの件でキャリアを叩く総務省の押しは賛成だ。ちょっといやらしい点は、電波をきちんと売らずに、恩着せがましく使わせている点はいまだに総務省を擁護する気にはならない。公正に電波オークションして使わせるべきだろう。

このプラン、キャリアメールが無いが、そのあたりを気にしないのであれば何も問題ない、だろう。情強と呼ばれる方はもう何年もキャリアメールなどというインターネットルールを大きく逸脱する例外事項の塊のようなキャリメールと付き合うのはやめているのだ。会社勤めをしていればわかるだろうがキャリアメールは使わせない。世界的なルールで運用されるインターネット上のサービスの一つであるメールを日本のキャリアは自己都合でルールを独自採用してきた。そんなルール外れのものは、システム連動出来ない。会社のシステムと連動出来ないゆえに使わせないのである。

ただ、楽天モバイルと何ら変わらない、ともいえる。通話全部こみこみ、データ使い放題の楽天モバイルのほうが良いともいえる。ただただ、本当にただただエリアが狭い楽天モバイルはこれに尽きる。使える範囲が狭い。かつ、利用可能エリア図があまりあてにならなず細かな修正もまだできてきていない。まあ、ざっくり広げている最中なので、細かなエリア漏れは後回しだろう。この辺りの細かなエリア漏れをきちんとつぶしてくれれば楽天モバイルは多くの方の選択肢に入ってくるだろう。一方、エリアと通話品質では30年先行するドコモは圧倒的だ。初期のころは人の多いところは32kbpsやさらに半分の16kbpsでの超絶間引きされたデータ音声で復元も雑だったドコモとの通話は地獄だった。つながるけど聞き取れないのだから。自分はPHSで頑張ると心に決めたものだ。いまはこのころを教訓としたのだろう、万全である。ドコモといえば品質抜群のイメージだ。おおむねその通りだと思う。

個人的にはY!mobile回線をこれにMNPしようかと思っている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です