Billy Bat 面白い。いろいろ詰め込んであって、いちいち陰謀っぽくていい。

鬼滅の刃を読もうとすると違い漫画を私を遮ってくる。ネバーランドの次はビリーバットがきた。ずいぶんと古いマンガだが浦沢直樹の2010年ごろの漫画だ。ケネディ暗殺が最初から匂ってる。オズワルドが出てきたりする。ディズニーランドもどきもなんとなくそれっぽい。ただただ進行が楽しみである。今4巻であるが、話がどんどん展開中である。PDCAじゃなくて起承転結のまだ起の段階。

ケネディに関する話は、落合信彦氏がいろいろと書いていたものを読んでいたので結構陰謀論的にとらえていたり、ギャングネタだったりといろいろと吹き込まれたのでオズワルドが出てきたりすると「おっ」って感じになる。今後が楽しみだ。

お題にもなっているビリーだが、ちょっと似てるよね((笑))

ではでは。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です