東京ディズニーランド、ファストパスなし。美女と野獣のお城とベイマックスは抽選。あとは並べ~歩け~

東京ディズニーランド行ってみてものすごく感じたことは、ソーシャルディスタンスの影響がものすごく出ている、ということ。そして割と人が少ないのに列が長い!なんせ歩くよ。プーさんのライドで30分待ちぐらいなら20分は歩く。ダンボは同じ30分待ちでも比較的歩かない。10分ぐらい。入れ替え制のものは歩くのは同じ時間待つなら歩く距離が短い。バズ・ライトイヤーのライドの列はひたすら折り返し折り返し折り返し・・・・・・・・30分待ちで25分歩きだ。スターツアーズもひたすら歩く。スモールワールドは5分待ちって書いてあるけど、5分歩くことを意味する。メリーゴーラウンドは5分待ちのところ、ちょうど入れ替えの時に当たって乗れたので0分かと思いきや通路をジグザク3分歩いている。直ぐの乗れるものも、ジグザグ通路で3-5分は歩くのだ。後ろのほうで列が長くなってくると、前のほうでジグザグ通路が延長されたりする。前の人がターンしたジグザグ通路が私のところから直線になり、延々建物の奥のほうへ行かされる。そしてターンすることになる。約100m近く延長される。小学校の校庭のトラック半週分だ。これ2度やられた。帰ってきても足の裏はヒリヒリしていた。

12時から入ることになったが、入場時に待っている人が密にならない程度しかいない。確かに時間になったらみな集まるからしょうがないだろうが、混まないのは楽でいい。ファストパスもないので走る必要もない。楽だ。何気なく公式アプリから美女と野獣のお城のアトラクションに申し込んだ。時間が13時半とでた。実はこれ、抽選制だったらしい。当たったということだ。しょっぱな当たったので抽選だったことに気が付かなかった。次にベイマックスのライドに申し込んだらスマホ画面が先に進まなかった。外れたらしい。ここで、美女と野獣のお城のアトラクションで「おめでとうございます」と声をかけられたことの合点がいった。そういえば、入場の時も言われた。そういえば、抽選に当たったから本日入場しているのだった。もしかしたら、抽選は結構な高倍率だったのかもしれない。と、いまさならながら思った。そうそう、入場時の荷物チェックが中身を見せない空港にあるエックス線透過装置になっていた。益々快適になっていることは書いておこう。

食べ物の列が異様に長いものがあった。チュロスだ。食べたかったが面倒なので止めた。大好きなスモークレッグが違う喪に置き換わって無くなっていた。アドベンチャーランドの柔らかいお肉のレッグの唐辛子まぶしバージョンがウエスタンランドのスモークレッグに取って代わられた。歯に挟まるあの食べにくい肉はもうない。普段はどこもかしこも激混雑するお食事なので、さっと食べられるカレーを食べていた。今日はそんなことはないのでどこでもちょっと待てば食べられそうだった、が、カレーを食べてしまった。子供たち曰くカレーが食べたい!と。いつもカレーだったからか・・・残念!

とにかく混んでいない。コーヒーも並ばないで買えるし、テーブルにもほぼほぼ座れる。グランドバザールのリフレッシュメントコーナーはコーヒーの味が落ちてしまうほど空いていた。外のテーブルもゆっくりしていても大丈夫だ。家族がお土産買いに行っている間、1時間ほどの休憩でリフレッシュさせてもらった。このリフレッシュメントコーナー、2Fからいろいろなキャラクターが湧いてくる。1時間で2回湧いた。ピーターパンとウェンディ、メアリーポピンズと煙突掃除さん、ウォルト像の広場では30分ごとに鼓笛隊がくる。なかなか良い場所だ。ずーーーーと座っててもいい。けど、コーヒーの味が落ちているのはいまいち。まぁ、お土産品の買い物が終わったら再び歩かねば。

しまっている売店は結構多かった。個人的にはフルーツを売っている売店が閉まっていたのは残念だった。

まぁ、12時から19時までいたが、あさ8時から来てるのと変わらず遊べるので、非常に楽である。ディズニーランドが苦なのは前の日準備して朝5時に出発してってところだったが、9時過ぎに家をでたら、道も空いてて10時過ぎにはついてしまい、11時半になったら車から出てあまり混雑していないエントランスでちょっと待てばいい。来園者も少ないから、駐車位置も入口までそんなに遠くない。駐車料金払うところも列なんかない。女子トイレだって並んでないから妻や子供たちもトイレ行ってら直ぐ帰ってくる。ことごとくロスが少ない。園内のハンバーガー屋もピザ屋も購入の順番待ちが1-2人だ。ピザ屋はオーダーが自販機になっててちょっと戸惑う。が、スイカもIDもクレジットカードも使える。松屋のオーダーマシンより簡単だ。

新時代のディズニーランドは試行錯誤の最中なのだろうが、利用者にとっては本当に快適になっている。ぜひとも快適ついでに色々と購入してみてもよいなとも感じた。東京ディズニーランドはいつも買い物が大変なのでほぼほぼ私は買わない。今回は買ってもいいかなと思えるほどいい具合な人の混雑具合だ。海外のディズニーランドは買い物が日本ほど混まないのです。お土産って意識が無い民族は買い物が自分のだけななので売店が空いてるのです。フロリダもカリフォルニアも個人的には大量に自分向けお土産を買い込んでおりましたので東京でも買える日が来るかもしれません。フロリダもカリフォルニアも1セント硬貨つぶしのメダルスーベニアを片っ端からやってもましたが、東京にも結構あるのを確認しました。また、来る機会があれば、メダルスーベニア集めにチャレンジしてみたいです。なぜか長女は今回メダルスーベニアにダースベーダー、次女はBB8を作ってました。もっとかわいいのあるのにね。

ではでは。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です