手持ちの株主ディズニー入場券の使い方。抽選で入れるので、とりあえず申し込もう、Webからだけど。

ここから株主優待の券で入場するための抽選に応募できます。

左下の①抽選による入園について をクリックします。株主優待券は入園日が指定されていないチケット(オープン券)の欄にあるので一応確認しておいてください。チケット抽選の申し込みボタンは、更に下のほうにあります。「入園抽選受付フォーム」をクリックしますと応募画面が出ます。結構な紅毛を入力します。30分内に終えてくださいって書いてありますが、本当に時間を超えるとやり直しになります。行きたい日を決め、人数分の株主優待パスポートを手元に用意してから画面を開いたほうがいいです。

「入園抽選受付フォーム」の下に「入園抽選結果検索フォーム」があります。発表日以降にこちらから確認してみてください。お気に入りに入れておいたほうがよさそうです。

といった面倒なことをクリアしなければいけないのはWithコロナってことですが、中国や香港、シンガポール、ニュージーランドなどは一気に感染を絶ち、防備を固めてばっちり自由のようですから、こういった方策を日本も取ってほしいものです。そもそも、web抽選申し込みじゃないと入園できないので完全に情弱を排除してます。これはこれで間違っているような気がします。そもそも、一気に感染を絶ったほうがいいとおもいます。いろいろと問題があふれてきてしまいます。ITで何とかしようとしても無理なので、そもそもの方針を、感染を絶つ方向で進み、ITは前提として社会に根付かせていき、そのあと多くの人が社会に根付いたITインフラで何とかいていくようにしないと。

親戚のおばが、株主優待券をくれましたが、「私は使えるようにすることができないから」って。これは悲しすぎます。ITで何とかしたのかもしれませんが、実はなんともなっていないのです。

ともあれ、今何かできるのかといえば、ある程度まで疫病を蔓延させるを良し、との方向性である以上、この辺りまでなのでしょう。毎年春に東京ディズニーへ行っていましたが、今春はいけませんでした。今年中に何とか行けそうです。それだけでもよかったと思うべきなのかもしれません。ディズニーランドを運営するオリエンタルランド社から株主へのレポートが届きましたが、ひどいものです。前年同期比で入場者は17%になり、売り上げは24%。これをずっと続けるより、感染を絶つ方向でいったん絶滅させたほうがいい気がします。

ワクチンがあればなんとかなるって思ってましたが、やはり後遺症があったりするみたいですので、罹らないのがいいのではないかなと思う次第です。

ではでは。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です