押田謙文堂 大宮駅東口北銀手前明るくなった~

大宮の本屋といえば、押田謙文堂じゃないんですか?って40年前は言ってた気がします。

北銀座の手前側、大栄橋の手前はアーケードがあって少し暗い雰囲気がしてましたがすっきりしてました。アーケードを取ったぞーといわんばかりのちょっと古めかしい壁も修復されて見栄えが良くなってます。アーケードがあったの?って感じになりました。地方の県庁所在地にあるちょっと栄えたストリートの様相です。

西武デパートが東口にあったのはかなり昔の事になったっとおもいます。今は大宮ラクーンと名前を変え、ドン・キホーテやパチンコ屋が入っておりました。ブックオフも入っていたので、鬼滅の刃以来漫画がまた読みたいと思い、ガンダムサンダーボルトを買いに入ってみました。残念ながら100円コーナーにはなかったのでまたの機会にしようと思います。浦沢直樹とかまた読みたいです。電子ブックもよいのですが、中古のほうが安いってのが悩ましいところです。

懐かしい気持ちで見にきましたが、押田謙文堂 健在でよかったです。

ではでは。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です